国保連合会の概要
連合会の概要
国保連合会の組織
組織の紹介
事業計画・事業報告
計画・報告書
基金の執行状況
基金の執行状況
一般事業主行動計画
行動計画
審査及び支払に係る事務の委託先の変更に関する情報公開
情報公開
職員採用
職員採用について
プライバシーポリシー
プライバシーポリシーについて
情報セキュリティ基本方針
情報セキュリティ基本方針について
個人番号及び特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針
個人番号及び特定個人情報の適正な取扱いに関する基本方針ついて
国保連合会の所在地
所在地について
お問い合わせ窓口
お問い合わせ
ホーム > 国保連合会について > 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

ISMS-1-1-1

1 目的

 和歌山県国民健康保険団体連合会(以下「連合会」という。)では、診療報酬及び介護給付費等の適正かつ公平な審査支払業務等を実施している。これらの業務では、個人の診療内容などの個人情報について、紙、電子媒体及びオンラインにより取り扱っており、医療保険制度等の円滑な運営を支える連合会として、情報資産の適切な安全対策を実施することは、社会的責務である。そのため、連合会は情報資産に係る安全対策に関する基本方針を定め、役職員等一丸となって情報資産の安全で適切な管理に努める。

2 情報の管理

 連合会が取り扱う情報資産については、機密性、完全性及び可用性を確保し維持する。
(1)機密性:アクセスを許可されていない者が、情報にアクセスできないこと。
(2)完全性:情報は正確であり、情報の処理方法が統一化されていること。
(3)可用性:アクセスを許可された者が、必要なとき必要な情報にアクセスできること。

3 対象範囲

 対象範囲は、連合会の業務に使用するハードウエア、ソフトウエア、ネットワーク、電子媒体の情報システム等及びこれらの情報に接するすべての役職員等とする。

4 情報セキュリティ対策

 重大な障害または災害から情報資産を保護するため、予防及び回復手順を策定し、定期的な見直しを行うなどのセキュリティ対策を実施する。

5 教育・訓練

 連合会の情報資産に携わるすべての役職員等に対して、教育及び訓練を通じ、情報の安全管理や適切な利用を行うよう周知徹底を図る。

6 法令の順守・罰則

 連合会の情報資産に携わるすべての役職員等は、情報資産を保護するために、関係法令、契約及び内部規定の要求事項を遵守する。また、これらに違反した場合は、和歌山県国民健康保険団体連合会職員服務規程等に従い処分を行う。

7 継続的改善

 連合会は、ISMSの有効性を機能させるため、継続的に改善する。

平成30年12月1日
和歌山県国民健康保険団体連合会 常務理事