国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
第三者行為関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ
ホーム > その他 > 連合会コーナー

連合会コーナー

 

国保の安定的運営に寄与
平成30年第1回通常総会開催

平成30年2月27日、日赤会館会議室で平成30年第1回通常総会が開催され、議決事項として平成30年度事業計画ならびに各会計予算等32議案がいずれも可決承認された。

要望把握に努める
 開会にあたり、本会の中芝理事長があいさつに立ち、新国保制度の施行まで残りわずかとなる中、本年1月に和歌山県国保運営方針が策定されたことにふれ「本会においても、円滑な制度施行のため、今後も国保運営方針連携会議に引き続き参画し、県および市町村の要望等の把握に努めるとともに、各種システムが円滑に稼働できるよう着実に準備を進める」と述べた。

 

 続いて、来賓として県国民健康保険課の西本課長が「現在、円滑な改革施行に向け、準備が大詰めを迎えている。今回の改革により、国保制度を持続可能なものとするためには、これまで以上に国保連合会と市町村、県が連携して取り組んでいくことが重要」とあいさつした。

 



積極的な事業展開を
 その後、本会の坂本事務局長が平成30年度の事業計画について「長年にわたり培ってきたノウハウと経験を生かし、国保の安定運営に繋がるよう努める」との基本方針を示した。また、国保運営方針に沿った効果的かつ具体的な業務支援を実施することや、情報セキュリティ対策の強化および災害対策を講じること、一層の審査業務の充実・強化を図るなど9項目の重点事項を掲げ、積極的に事業展開することを説明した。 
 議事は慎重なる審議の結果、すべて原案のとおり可決承認された。

 

システムの安定運用に努める
第4回国保情報集約システム市町村担当者説明会開催

 第4回国保情報集約システム市町村担当者説明会が平成30年2月21日に開催された。説明会では、30年度からのシステムの本格稼働を目前に控え、今後の運用に係るスケジュールや審査支払関係帳票の変更点等について本会担当者から説明した。
 今後は4月から開始する都道府県単位の資格管理に向け、30年3月末時点の資格情報および世帯所得区分情報が登録された状態となるよう、データのセットアップを実施する。また引き続き、市町村との連携を密にし、きめ細かな対応をすることでシステムの安定運用に努める方針。