国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ

手軽に出来る健康体操

 

サランラップの芯を使ってバランス機能を向上

 転倒予防には足の筋力とバランス機能の両方が大切になります。今回は前後左右歩行と片足バランス立ち、回転運動の体操です。
 片足立ちの持続時間が、男性で20秒以下、女性で10秒以下の場合、顕著な機能低下といわれています。
 また、片足立ちは、股関節・腰・背中周辺の筋肉も鍛えられ、骨粗しょう症予防にもなります。
 文部省唱歌「箱名八里」の歌を口ずさみながら、ラップの芯を持って手足協応動作で行ってみましょう。
和歌山大学
教育学部体育学
中 俊博 教授
懐かしい歌にのせて、楽しく体を動かしましょう。

1 前進後退足踏み

前進4歩、後退4歩(繰り返し)巻き芯を前方で打ちあわせながら。(4回繰り返し)
(♪「箱根山は・・・・・しりえにさそう」)

2 左右横歩行

右側4歩、左側4歩(繰り返し)巻き芯を前方で打ちあわせながら。(3回繰り返し)
(♪「雲は山・・・・・杉の並木」)

3 片足バランス立ち 左右8呼間

巻き芯はあげた膝の上で打ちあわせます。(2回繰り返し)
(♪「羊腸の小径・・・・・万夫も開くなし」)

4 足踏みしながら左回転→右回転(繰り返し)

巻き芯は頭上で打ちあわせながら回転します。
(♪「天下に旅・・・・・往時のもののふ」)