国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ
ホーム > その他 > 健康体操/手軽にできる健康体操

手軽に出来る健康体操

 

ホースとティッシュの箱を使って脚筋力とバランス機能を向上

 

 あなたは、片足立ちで靴下がはけますか?
はけないとロコモティブシンドローム(運動器症候群)の心配があります。
ロコモティブシンドロームとは、骨、関節、筋肉などの運動器が衰え、移動能力が低下し、要介護になる危険が高い状態のことをいいます。
 予防、改善には日ごろから筋力やバランス力を養うことが大切です。
 今回はホースと箱(ティッシュペーパー)を使用した脚筋力とバランス機能向上の運動を紹介します。

和歌山大学
中 俊博 名誉教授
 

1 片足交互リング通し

ホースで作成したリングを両手で持ち、靴下をはくように、右足でリングを通し、素早く右足でリング抜き、続けて左足で同様の運動を行います。左右で1回とします。
(10回×3セット)


※体力に自信がない方は、倒れないように背中を壁にもたれかけ、注意しながら行ってください。

2 箱の腿の下通し

起立姿勢で右脚大腿部を上げ、片足立ちの状態で右手に持ったティッシュの箱を素早く大腿部の下をくぐらせ左手に持ちかえ、続けて同様に左手から左脚大腿部の下をくぐらせ右手に持ちかえます。この運動で1回とします。
(リズミカルに10回×3セット)

 

3 後方蹴り上げ箱タッチ

右手にティッシュの箱を持ち、右足の踵をお尻につけるように後方に上げると同時に踵に箱でタッチ、続けて左手に箱を持ちかえ左足の踵にタッチします。左右タッチして1回とします。
(リズミカルに10回×3セット)

 

4 後方つま先箱タッチ 

右足支持の片足立ちで上げた左足を後方にあるティッシュの箱に軽くタッチします。
次に左足で同様の運動を行います。左右タッチして1回とします。
(10回×3セット)