国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
第三者行為(交通事故)関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ
ホーム > その他 > 健康体操/手軽にできる健康体操

手軽に出来る健康体操

 

新回路の開発で新体験!!

和歌山大学
中 俊博 名誉教授
  

十分に使い慣れた手の動作では、脳と筋肉の神経回路が自動化されています。この回路を意識して変化させると、新回路が開発されます。手を使ったゲームで新しい体験をしましょう。

 

1 あいこのときは指つかみ

対面し、一方の人は右手を丸め、他方の人は、右手の人差し指を相手の丸めた手の中に入れます。この状態で、左手でじゃんけんをします。あいこのときのみ、指をつかみます。人差し指を入れている人は、つかまれないように素早く逃げます。
(3~5回勝負し、次にじゃんけんの手を替えて行う)

2 手拍子でグーパー

対面します。
①1回手拍子
②お互いに、左手は手のひらを上向けてパー、右手はグーにして、相手の左手の手のひらに右手のグーをのせる
③1回手拍子
④左手をグー、右手をパーに替え、相手の手のひらにのせる
(①〜④をリズミカルに繰り返す)

3 2人でバトン回し

新聞紙を丸めてバトンを作り、対面します。
①右手で相手の左手にバトンをわたす
②バトンを受け取った人は、バトンを右手に持ち替える(このとき、バトンを持っていない人は、1回手拍子)
③右手のバトンを相手の左手にわたす
①~③を3拍子の歌に合わせて、繰り返し行います。
(歌:みかんの花咲く丘、ぞうさん)