国保わかやま
連合会コーナー
健康体操/手軽にできる健康体操
上松先生と楽しく脳エクササイズ
和(なごみ)レシピ
バックナンバー
在宅保健師の会
在宅保健師の会の紹介
各種様式ダウンロード
ダウンロードについて
保険医療機関関係
介護保険関係
特定健診関係
出産育児一時金関係
リンク
リンク集
サイトマップ
サイトマップ
ホーム > その他 > 和(なごみ)レシピ

和(なごみ)レシピ

 

朝から健康的に!

アスパラガスと豆乳の冷製スープ

 
  ★調理時間 30分  
  ★エネルギー102kcal  
  ★炭水化物 15.6g  
  ★タンパク質 5.5g  
  ★脂質 2.2g  
  ★ビタミンE 0.9㎎  
  ★葉酸 131μg  
  ★食物繊維 1.6g  

                     

★食塩相当量 0.6g

 

   (1人分)

材料(2人分)

材料
分量
アスパラガス 100g(4個分)
じゃがいも 50g
ブイヨンキューブ 1/2個
塩コショウ 適量
150㏄
豆乳 200㏄
赤紫蘇シロップ 大さじ1
赤紫蘇シロップ
赤紫蘇 20g
100cc
てんさい糖 40~50g
20㏄
レモン汁 5㏄

作り方

アスパラガスを洗って、少量の塩(分量外)を入れた湯で下ゆでしておきます。

 

水にじゃがいもとブイヨンを入れてやわらかく煮、やわらかくなったら①を加えて塩コショウで味を調えます。

②をミキサーにかけ、ペーストを作り、冷蔵庫で冷やしてください。(冷凍保存をしても便利です)  
冷やしている間に赤紫蘇シロップを作ります
赤紫蘇をよく洗い、沸かした分量の水にちぎって入れ、弱火~中火で5~6分煮出します。煮出した赤紫蘇液を搾り取り弱火にかけて、てんさい糖、酢、レモン汁を加えてひと煮立ちさせて出来上がり。

 

 

 

 

冷蔵又は冷凍保存しておいた③に豆乳を加えてミキサーにかけ、カップに入れます。赤紫蘇シロップを回しかけて、召し上がれ!  

食材メモ

 

アスパラガス
アスパラギン酸がスタミナを増強し、疲労を回復させます。また、ルチン(ビタミンP)が血管を強くし、免疫力を向上させ、高血圧や動脈硬化、老化やがんを予防します
赤紫蘇
α-リノレン酸の効果で血液がサラサラになります。アレルギー予防や整腸、食欲増進が期待できるアントシアニン、炭水化物がブドウ糖に分解されるのを防ぐロズマリン酸が含まれ、糖の摂り過ぎを防ぐことができます。

 

今回は…
南條 伊津子 管理栄養士
南條 伊津子
公益社団法人和歌山県栄養士会の地域活動部会で、地域に密着した活動を積極的に行っています。

体の活力をアップさせるレシピ

生活リズムの乱れや朝寝坊から朝食を欠食することが多くなると、体温が上がらず脳や体が働かなくなったり、体調不良を起こしやすくなったり、肥満の原因になったりと健康的によくありません。
でも、栄養バランスのとれた朝食を毎日摂るとなると大変!朝はなるべく時間をかけず、すぐに食べたいの!という方が多いと思います。そこで、今が旬のアスパラガスをつかって冷たいスープを作り置きしてはいかがでしょう。